IMG_1158

 

榛原電業は健康経営を導入します!

 

人は人材ではなく人財の考えの下今回の運びとなりました。

 

 

 

健康経営とは経済産業省が推進する取り組みの一つです。

これは働き方改革にも通じています。

 

経済産業省のHPより

 

健康経営の取組は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に対する取組の一つです。

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。

企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、

結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

健康経営の導入には、まず従業員の健康管理をコストではなく投資と認識することが重要です。

投資としてリターンを求めるものである以上、期待する効果を見越し適当な投資額の「意思決定」が必要となり、

経営判断を行う「経営者」が健康経営の意義や必要性を認識することが、企業が健康経営を推し進める上で必要となります。

経済産業省では、経営者の意識を変革し、健康経営に舵を切るため、

平成26年度から「健康経営銘柄」を、平成28年度から「健康経営優良法人」を開始しました。

 

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_keiei.html

 

もともと、弊社も社員の健康は重視しながら経営を行ってきましたが取組みを「見える化」することにより

社員の意識の向上、電気工事業界のレベルアップ、企業のブランディングとして行うこととしました。

 

弊社を見て周りの企業の方、同業の方も導入しよりよい社会環境が出来ていくことを願います!