こんにちは!

久しぶりの更新です! 今回は弊社が取り組んでいるケーブルハートプロジェクトについてお伝えします。

 

DSC06637

 

きっかけは5年程前に弊社が地域にある授産所施設(主にダウン症)に寄付や定期的にアルミ缶などを持って行っていました。

ある時に施設の方から「ここにいる障害者の子たちに何かできる仕事はないですか?」と言われ、

電気工事屋で出来ることっていえば電線の皮を剥いて銅線売れば仕事とお金になると提案をしました。

それではやってみようということで屑線、雑線を施設に寄付し剥き方を教え一緒に電線を売りに行きました。

障害を持つ彼らは自分たちの行った作業が多くのお金(今までより良い金額)になり、

非常に喜び、働く気持ちも今まで以上になったと聞きました。

 

DSC06199

 

DSC06195

 

しかし、今はこの施設は電線剥離業務から撤退し今現在、居処 どこでも(自立訓練・就労継続B型事業所) 

生活支援センターいつでも おまえざきさんへ剥離機を貸出し就労支援をしています。

あくまでも目的は「就労支援」ということでお金で寄付をするというスタイルではなく働く喜び、

収入を得る喜びを感じ社会参画の一助になればと思い行っています。

ここの施設でも同じよう結果を生んで業務的には上手くいっているのですが、

 

電線の供給量が弊社の仕事内容に左右されるため電線の確保が難しくなっています。

 

同業者、電線を扱う業者さんでご協力していただけるところを募集しています。

 

ぜひお願いします!!