ceo_voice

 

代表取締役 植田浩行

 

弊社は昭和21年に電気工事店を創業いたしました。

 

 以来長年に渡り地元の優良企業様、国の機関、近隣市町村にいたる官公庁からの信頼をいただき

地元、地域、社会に密着した企業経営を目指し、きめ細やかなサービスをお客様に提供させていただく

会社として成長をさせていただいています。

 そして近年、業者間のネットワークを活かし、技術の向上、広域的にサービスを提供できる体制を整えています。

私たちは私たちの存在意義を追及し、私たち自身が、そして地域が誇れる会社を目指すと共に高品質、革新的な設備を提供し

より便利で快適な夢ある環境を創造、提供し豊かな社会の実現に貢献していきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

社屋建替えにあたり

 

平成27年11月 吉日

株式会社 榛原電業

代表取締役 植田浩行

 

このたび株式会社榛原電業は社屋の建替えを行っております。社屋建替えに当たり皆様にお伝えしたいことがあります。

後に何らかの形で正式にお伝えする場を作りたいと思っておりますが取り急ぎ書面にて失礼をします。

 

今回、弊社は社屋の建替えに踏み切りました。今までは先代が居住していた住宅を改修し事業所として使用をしてまいりました。

資本効率、経営効率、後継者問題を考えれば現状のままでも良いと考えたこともあります。今回非常に悩みましたが手狭になったことや自分の事業家、経済人、経営者としての想いもあり、社屋建替えに踏み切りました。

それは一言で表すならば「決意と約束」であります。

弊社が創業し3代目の代表である私が今後弊社をどのよう未来に進むべきか示すことであり、経営理念である「誇れる会社にする」ための一つのプロセスでもあります。

 

「決意」それはこの榛原電業をこの地域で私の時代だけでなくその次、その次と事業を継承し地域と共に繁栄をして行くという事。

そのために人材育成、技術の鍛錬と継承、事業の拡大、何よりこの会社を引継ぐ経営者の育成を行っていきます。

またそれはお客様、地域の皆様、取引先、社員に対しての「約束」でもあります。

「安心して使える安全な電気設備の供給」「修理や困った時の受け皿」として弊社はこの地域において役割を担い事業活動をさせていただいております。

近年後継者不足による廃業をよく耳にする中、弊社は今後も事業活動を今まで以上に発展し継続する「決意」と

今までお付き合いさせていただいている建設会社様、工場の皆様、商店の皆様、地域の皆様等、今後も今まで以上に安心してお付き合いしていただくための環境を創っていくという「約束」でもあります。

また弊社で働く従業員に対しても安心して働ける事業環境を創りと「定年までは安心して働ける会社」にする。「誇れる会社」を創る一つの事業でもあります。

 

今後ともより一層、事業活動に邁進していきますので皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2015年10月 第45期 挨 拶

 

  第44期が無事に迎えることが出来ました。

  今期は売り上げが5億円を突破し6億円に迫る売り上げをいただきました。

   

  お客様をはじめ、地域の方々、パートナー会社の皆様、社員のみなさんに感謝します。

 

  振り返ってみると大型工場案件、公共工事、建設工事、また特命受注工事が伸びたように思います。

  日々おつきあいをさせていただいている方のご縁、ご支援でこのような結果が出てきたと思っています。

  また、このような仕事をいただけるのは社員一人一人の行動、努力、

  そして積み重ねてきた実績と評価の上に成り立っていると思っています。

 

  日頃から心がけている「誠心誠意一生懸命やる」「手を抜かない」

  この2点を重点的に行ってきた結果だと思っています。

  この努力の積み重ねはこれから続く事業活動の中で継続していくには

  非常に難しい課題であるとともに一瞬の隙、ミスで積み重ねてきた

  信用を一気に崩してしまいます。

  

  このような結果を頂きさらなる日々の努力を怠る事の無いように精進していく所存です。

 

  今後ともご支援よろしくおねがいします

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

榛原電業 2015年度 全体スローガン

 

      

     「常に考える」

 

 

     工事部スローガン

 

      「やりきる」

 

2014年度が終わり2015年度新たなスタートです。

去年の7月の決算では4.8億売り上げることが出来ました。

お客さまのご支援やご指名を頂いたと共に、社員の努力と力が結果に結びつきました。

 

「ありがとうございます」

 

売り上げ規模で言うならば大井川~天竜川までの本社所在地で2番目、安倍川まで行くと4~5番目ではないかと思います。

規模感で行くとこの地域でのリーダー的な会社に育ってきました。

売り上げとは前にも伝えたように社会に必要とされた数値であり、胸の張れる成績です。

ここまで来れたことに対し皆様方に本当に感謝します。

 

さて現在、アベノミクノクスの影響で円安、物価上昇が如実になっています。

それに伴い所得が増える予定が地方、末端ではまだまだ増えていないのが現実で消費も伸びていません。

また外交不安等まだまだ日本、そして地方はまだまだ先が見えていない状況は否めません。

そこに輪をかけ消費税の8%での消費の冷え込み、さらに今後は10%になる事は否めず、景気の減速が心配されます。

また市場で今までやってきた太陽光発電工事のバブルも終焉を迎え、更なる経費負担の増加と新規受注先、

新規工事分野の発掘と先の見えない要素を抱えて2015年のスタートです。

 

この3年間は太陽光バブルと公共工事の受注により売上高、利益を伸ばすことが出来ました。

しかし今期からの受注に関しては短期、長期で見ても利益を叩きだしたこのような工事は見込めないというのが現状です。

また現実的に新築建設工事に関しては物件数も少なく電気工事の競争はもとより元請である建設会社様の競争の激化は否めません。

 

今後の方針として我々は新規顧客の開拓、選ばれる下請け、必要とされる下請け、また下請けから元請へのステップアップし、

社内における組織力の強化や効率化を実施し、無駄な贅肉をそぎ落とし時代を担う電気工事業者になって行かなければいけないと思っています。

 

そして先に書いたように様々な問題や状況を常に把握し

 

「BESTな選択」「BESTな方法」

 

を常に考え行動して行くことが会社、個人として非常に大事なミッションになっていきます。

 

様々な不安定要素を抱える中、私たちは「常に考え」「行動」し

個々の力を十二分に発揮し、結束してチーム榛原一丸となって成果と結果を出していきます。

 

 

2015年のテーマ(2014年度からの継続)

 

満足から感動へ

満足とは足りないものを補うということです。ものが無い時代や品質が安定していない時代には思い通りの結果「満足」を提供することに終始してきました。

逆に思い通りの結果でなければ「不満」「怒り」になってきます。しかし、いまや「満足」が当たり前の時代となり、我々の行う電気、空調、通信工事も

できて当たり前、品質が良く、安くて当たりまえの時代に入ってきました。

私たちはこれまでは新規の工事ジャンルを開拓し、電気工事でも様々な分野へ挑戦し成長をしてきたと思っています。

これからは、さらなる挑戦と思っている以上の結果の提供「感動の提供」が我々の目指すべき方向であり、

最低限「満足」は提供し次へのステージ「感動」の提供を念頭に事業活動をしていかなければいけないと考えます。

 

スローガンへ対する思い

 

本年度のスローガンは「常に考える」としました。

先にも書いた様に常に考え、様々な不安定要素の中、常にBESTを考え行動し、今以上に付加価値をつけ感動を提供できるよう本年度は進んでいきます。

また新規客先の開拓、新規工事分野等への進出、選ばれる会社、選ばれる人となるよう考え行動していきます。

 

工事部は「やりきる」としました。

最近は、現場等で多々ある

「段取りの悪さ」「嫌な事」「めんどくさい事」「結果の出ないこと」

にもめげずに最後まで「やりきる」という事が日々の業務としても、メンタル的にも非常に重要だと考えます。

そこに我々の付加価値もあり、また存在意義もあると思います。

 

様々な問題を打破していく為にも「常に考え」「やりきり」知恵をしぼり行動をしていきます。

 

 

 

 

bnner_2