エコモニタリングシステムとは

 

以下のような、様々な健康に影響を与える要素を、混在でセンシングします。 センシングしたデータは、WEBサーバーに転送され、一般公開します。

こういった計測拠点を、エコモニセンターと呼び、エコモニセンターはフレキシブルに追加できます。

これらによって、広域の環境モニタリングを、段階的に発展成長できるのです。

 

今後アラーム情報をメール配信するサービスも計画中です。

 

 

 

健全で豊かな自然を見張る・・・

それがエコモニセンタです

自然環境と健康が守れてこそ、経済、国家があります。

エコモニセンタの使命は、自然環境が侵食されていないか、 あるいは健康被害を及ぼす環境になっていないかを 24時間常に監視することです。

このようなモニタリング設備があれば、工業化と自然保護が両立できるはずです。

近代的な工業文明を否定せずに、自然と調和が可能なのです。